【北欧CD】On The Fly / Spelstina 【フィドルの厚み】 | レソノサウンド resono-sound

1/5

【北欧CD】On The Fly / Spelstina 【フィドルの厚み】

¥ 2,800 tax included

Shipping fee is not included. More information.

1700年代末期、まだ女性の演奏家が珍しかった頃に名を残す音楽家、通称 Spelstina (Anna Cajsa Norman)に敬意を表し、女性の演奏家4名が集まって録音したアルバム。
全く同じコンセプトで作られたCD( https://resonosound.thebase.in/items/26976175 )が2006年にリリースされていますが、このCDはその中の3名と、新しく加わった1名の計4名のフィドル、ニッケルハルパ奏者によって演奏された2018年のアルバムです。
参加ミュージシャンは
Åsa Andersson (Fiddle, Viola)
Erika Lindgren (Fiddle)
Carina Normanssoin (Fiddle)
Josefina Paulson (Nyckelharpa, Fiddle)
という今をときめくスウェーデンのフォークミュージック奏者たちになります。
選曲はSpelstina(Anna Cajsa Norman)の曲を中心にソロや歌を交えながらトラッドが14曲。
アレンジといい息の合い方といいめちゃくちゃ良いです。
これは全然フォークと関係ない話なのですが、例えば人が4人集まって音楽やろうとしたら全員別の楽器を持つイメージがありませんか?「お前ベースやれよ」なんて言われてベースを始める人がいたりなんかして。
そんな話もあり、楽器の種類の多さはCDの豪華さや充実度に直結すると思ってたのですが、北欧フォークの「4人いて全員フィドル」みたいなCDを聴くとその充実度に価値観が覆されました。筆者の個人的な思いを書いてしまいましたが、そんな気持ちになれる良いCDです。

伝統度★★★★☆
勢い度★★★★☆
アンサンブルの上手さ★★★★★
民族音楽感★★★☆☆

収録曲の一つがYouTubeで見られます!

Add to Like via app
  • Reviews

    (1)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥ 2,800 tax included

同じカテゴリの商品
    セール中の商品